ワインレッドで高級感を演出

[最終更新日]2019/07/11

ワインレッド

赤ワインを飲む時にはその色にも着目して楽しむ方が多いです。ワインの色はワインのテイスティングの一つの要素にもなります。

ワインには白や赤色のほか、灰色、黄褐色、サングリアなど実にさまざまな色味があります。中でもワイン色としてイメージされやすいのがワインレッドです。

今回は、ワインレッドが持つ効果や、印象をガラリと変える色味の選び方についてご紹介します。

 

■ワインレッドで高級感を演出しよう

Produce a sense of luxury in wine red

赤ワインの色味であるワインレッドといえば、セクシー、大人っぽい、華やかなどといったように、どちらかといえば良い印象のある色ですよね。

ワインレッドとは、赤ワインのよう紫がかった深い赤色を指し、バーガンディーやボルドーよりも明るい色味とされています。

この色をファッションやメイク、インテリアに取り入れることで、高級感を演出したり、華やかさをプラスしたりと嬉しい効果が得られます

ワインレッドは他の色や柄と混ぜなくても、単色だけで華やかさを演出することができるので生活に取り入れる際にも便利です。

 

■ワインレッドでいつもより華やかな印象に

ワインレッド

色の持つ印象は、さまざまにあります。

落ち着いた色、華やかな色、明るい色、ポップな色など、その色から受ける印象は多種多様にあります。

ファッションなどに取り入れる色によって、私たちは自分の印象をある程度操作することも可能です。

色をうまく取り入れて、さまざまな雰囲気を演出すると、楽しいですよね。

中でも、ワインレッドは、とても大人っぽく、重厚な存在感を感じられる色で、女性に特におすすめです。

普通の赤では派手すぎる印象があり、かといって紫や茶色では地味に感じたり暗い印象を受けたりしますが、ワインレッドだと、ほどよく華やかな印象がありながら、大人っぽい高級感も感じられるので、ファッションなどに取り入れると、華やかさが増します

また、ワインレッドのリップや口紅を使った場合には、華やかさがアップするだけでなく、肌のトーンが上がって肌が全体的に白く見えたり、セクシーさをアップしたりする効果があるのでデートなどの大事な場面でおすすめです。

 

■ワインレッドで高級感を演出するポイント

ワインレッドの色合いからだけでも高級感を感じられますが、素材などにもこだわると、もっと印象を変えることもできます。

例えば、マットな質感の素材だと、重厚な落ち着いた雰囲気になります。

逆に、サテンやシルクなどの光沢のある素材だと、大人っぽい雰囲気に華やかさがプラスされます。

パーティードレスなどにワインレッドを使用すると、華やかさがありながら、落ち着いた大人の雰囲気を醸し出すことができるので、とても良いと思います。

また、ネクタイやコサージュなどの小物にワインレッドを取り入れるのも、落ち着いた雰囲気ながら、しっかりとアクセントになっておすすめです。

大人っぽい雰囲気が好きな方、高級感を演出したい方は、ぜひワインレッドを取り入れてみてください。

ワインレッド色のイメージ | デザイン