知っておくと得?フランス赤ワインの特徴:プロバンス編

[最終更新日]2018/10/01

日本ではなかなかお目にかかる機会が少ないレアなワインが多いフランスのプロバンスワイン。

現地の郷土料理と非常に相性が良く、現地で味わったことのある方の中にはプロバンスワインの虜になっている方も多いでしょう。

この地方ならではの恵まれた気候や日照によって育まれたワインはどのような特徴があるのでしょうか?

今回は、プロバンス地方のワインの生産環境や、プロバンスで生産されるワインの種類やそれぞれの味わいなどについてご紹介します。

プロバンスとは

プロヴァンス地方

フランス南部にあるプロバンス地域では、ワインの生産が非常に盛んです。

主な生産地は海岸線にある3つの県ですが、夏は暑く乾燥する地中海性気候や日照に恵まれ、高級なものから安価なものまで多数生産されています。

ワインの種類の中でもロゼワインが生産量の約90%が占めており、プロバンス地方はフランス最大のロゼワインの産地として有名です。

2600年前から葡萄畑が存在していたとされている程、ぶどうの栽培はフランス国内で最も古い時代から行われており、良質で極上の素材をすぐ近くで入手することもできます。

こうした地域一体で生産されるワインを、総称してプロバンスワインと呼びます。

プロバンスで生産されるワインの種類

プロヴァンスワイン

プロバンスで生産されるワインには、赤ワイン・ロゼ・白ワインがあります。

中でも一番比率が多いのはロゼですが、赤ワインや白ワインも上質で味わい深いものが豊富です。

赤ワインはバランスの良いスパイシーさがあり、白ワインはミネラル豊富で果実の風味を楽しめます。

それからほとんどの銘柄は、寝かせることなく若飲みされています。

安価なワインが沢山生産されていることもあり、一般家庭にも馴染み深く親しみやすいのも特長です。

非常にフルーティーですから、ワインが苦手な人にも飲みやすいでしょう。

ちなみにボトルは、ブルゴーニュタイプのなで肩形状が多いです。

フラスコ型などもありますが、そこまで頻繁に目にするわけではありません。

世界的に人気の高いプロバンスワイン

プロバンスワイン

近年では、ボルドーやブルゴーニュといった有名醸造地域に目立った進歩が見られていません。

しかし、プロバンスでは、前述のように地中海に面した気候を武器に著しい成長を遂げてきました。

それもあってか、人気や知名度も世界的に高いものとなっています。

ワインにこだわりのある人はもちろんあまり知識がない人にも最適の、万人受けする銘柄がたくさんあるのです。