フランスワインの特徴:ボルドー赤

[最終更新日]2018/10/01

フランスではワインの有名な名産地が多いですが、中でもボルドーのワインはワインを飲んだことがなくてもご存知の方は多いのでは?

世界中にボルドーのワインのファンは多く、フランスワインの女王と評されるほど。

ただ、ボルドーワインというと、白よりも赤のワインを連想する方が多いのでは?

今回は、ボルドーワインで白よりも赤が有名な理由や、ボルドーの赤ワインの特徴についてご紹介します。

ボルドーワインで白よりも赤が有名な理由

ボルドー赤ワイン

フランスワインで有名なのは、ボルドーとブルゴーニュ産のワインです。

どちらも有名なワインの名産地とされているのはみなさんもご存じのことでしょう。

ボルドーは赤ワインというイメージが強く、そもそも赤ワインのことをボルドーとよんでいると勘違いしている人もいるほどです。

確かにボルドーでは、ブドウ品種の栽培面積が赤ワイン用では9割、白ワイン用では1割となっており、全体の90%近くを赤ワインの生産で占めています。

しかし、ボルドー地方は赤ワインだけではありません。

あまり知られてはいませんが、白ワインの生産もおこなっているのです。

ボルドーの赤ワインの特徴

ボルドー赤ワイン

ボルドーの赤ワインの特徴は、ほかのワインのほとんどが一種類のぶどうから作られているのに対し、そのほとんどがブレンドです。

2種類以上のブドウ品種をブレンドすることによって、複雑で豊かな風味に仕上げています。

ボルドーで認められているブドウ品種は、カベルネ・ソーヴィニヨンやカベルネ・フラン、マルベック、プティ・ヴェルド、メルローの5種類ですが、基本的にはカベルネ・ソーヴィニヨンとメルローが中心となったワインが多い傾向にあります。

ブレンドにする良さを挙げると、ぶどう同士の足りない点を補えるということと、ぶどうを数種類使用することにより、味に深みが出るといったことが挙げられます。

また、ボルドーワインの最大の特徴は、味の変化と言ってもよいのではないでしょうか。

まだ年数の浅いワインは、パンチがあり渋みがあるのが特徴です。

新鮮なぶどうの味を感じることができますし、渋いワインを好まれる方にはぴったりでしょう。

加えて、年数を重ねていくうちに味がまろやかになり、ワインをあまり飲まない人にも飲みやすく感じられるはずです。

ちなみに、この地域ではワインの格付けを行う際に、シャトーという言葉を用いていますが、その中でも特に五大シャトーは有名で、最高級のワインにしか与えられないものです。

フランスワインと言っても違いがありますので、それぞれ飲み比べてみるのもいいかもしれません。