ワインセラーの役割とは

[最終更新日]2018/10/01

ここ数年の間にワインは男女年齢問わずに多くの方に飲まれるお酒となり、自宅でも愛飲する方が増えています。

ただ、自宅でワインを飲む際に気を付けたいのが、ワインの保管方法。

ワインは光や温度、湿度の変化、少しの振動などに弱いため、適切に保管しなければ味や品質が落ちてしまう非常にデリケートなお酒です。

良く知られている保管方法としては、ワインセラーが知られていますが、冷蔵庫ではいけないのか、疑問に思っている方も多いでしょう。

そこで、今回は、ワインの理想的な品質保持方法について触れながら、ワインセラーの必要性についてご紹介します。

ワインの理想的な品質保持方法について

ワインの理想的な品質保持方法

近年は家庭用のワインセラーも普及していますが、「どうしてワインセラーが必要なのかわからない」、「保存するなら冷蔵庫で十分なのでは?」という方も多いのではないでしょうか。

しかし、ワインセラーには冷蔵庫では代用できない大切な役割があるのです。

ワインセラーの役割とは、ワインを貯蔵するために最適な状態を保ち、長期間の熟成を助けることです。

ワインの品質保持には、湿度約70%、温度10~15℃の環境を保つのが理想といわれています。

また、太陽の光を浴びるとワインは急激に劣化が進み、本来の味・香りが失われてしまうので、できるだけ光の当たらない冷暗所で貯蔵することが大切です。

加えて、振動がない場所・異臭物が近くにない場所・ボトルを横に寝かせられる場所であることも重要なポイントです。

ワインセラーの必要性について

ワインセラー

冷蔵庫に貯蔵してもこうした条件をクリアーできそうですが、ワインは急激な温度変化や振動によって劣化が進んでしまう性質があります。

頻繁に扉を開閉する冷蔵庫では庫内の温度変化が大きく、振動も決して小さくはありません。

さらに、庫内には他の食品の臭いも充満しており、コルク栓を通じて中身に臭いが移ってしまうリスクもあるので、ワインを長期間貯蔵し、熟成させるためには冷蔵庫は不向きなのです。

これに対し、ワインセラーならば長期間の保存に適した温度・湿度を容易に保つことができますし、直射日光に当てずに安全に保管することができます。

ワイン専用の保管庫なので、余計な臭いもつきませんし、振動も少なくてまさにワインを貯蔵するために理想的な環境です。

特に、高級ワインは熟成するほど美味しくなるものが多いので、高級ワインを飲むことの多いワイン愛好者の方にとってワインセラーは必須といえるでしょう。