これであなたもシャブリマスター!:シャブリが白ワインに適している理由

[最終更新日]2018/10/01

ワイングラス

あなたはフランスのある地区で生産されているシャブリという白ワインをご存知でしょうか?

スッキリとしたフレッシュな味わいを楽しむことができ、近年ではシャブリは日本食にも合う白ワインとして日本でも人気も集めています。

今回は、日本でも人気のシャブリがどのようなところで生産されているのかについて触れ、シャブリが白ワインに適している理由についてご紹介します。

日本でも人気のシャブリ

白ワイン

日本でもファンが多いシャブリは、世界で最も有名な辛口の白ワインです。

飲むと、爽やかな酸味があり、フルーティーな香りがします。

そのまま飲んでも美味しいですし、暑い夏場には冷蔵庫に冷やしてから飲んだり、生牡蠣や生魚、和食、おつまみなどと一緒に味わったりしても楽しめます。

このような魅力的なシャブリが造られているのは、フランスのブルゴーニュ地方にあるシャブリ地区です。

シャブリ地区の街中には、多くのワイナリーが存在しています。

シャブリの生産環境について


シャブリ地区を擁するブルゴーニュ地方は、ボルドーと並んで世界中のワイン生産者の注目を集める場所です。

シャブリのぶどう品種は、シャルドネ種であり、100%使用されています。

シャルドネは、白ワインの原料として使われるブドウの品種の中でも、特に人気があります。

シャルドネのブドウ品種は、濃密で質が良く、艶があります。

シャブリ地区は、ブルゴーニュ地方でも緯度が高くて温度が低めな位置にあることから、酸味がシャープでスッキリした味わいのワインになります。

また、貝殻の化石が多いミネラルが豊富な土壌で造られているので、ミネラルと酸味のバランスが絶妙です。

現在シャブリ地区がある土地は、1億5000年前までは海の底であった歴史から、牡蠣の殻などが埋まっている地層は、ワインに豊かな風味を与えます

魚介類との相性が良いことで有名ですが、魚介類を使ったメニューが多い日本食とも合います。

フランスワインの格付け制度はシャブリにも存在する

ワインの格付け

ボルドーやブルゴーニュなど、フランスの有名なワイン産地では、各地区で格付け制度を設けています。

ブルゴーニュ地方にあるシャブリ地区でも、もちろん格付け制度は存在します。

格付けはシンプルなので、覚えておくと便利です。

1級や特級のワインになると、ミネラル感が強くなり、キリリと締まった味になります。

のど越しも良く、飲んだ後に旨みが広がっていきます。

これまで白ワインをあまり飲むことがなかった方でも、1度シャブリを飲んだらリピーターになる人が多いです。