シャブリとオススメ白ワインカクテル:オペレーター

[最終更新日]2018/10/01

kakuteru-02

ワインには赤ワインや白ワインなどの種類があり、健康や美容に良いという話はよく聞きますよね。

ただ、ワインをそのままを飲むのは味がちょっと苦手、抵抗がある、という方も多いのでは?

そのようなときにおすすめなのがワインを使ったカクテルであり、割り方やフルーツを活用した一工夫などにより十分に楽しむことができます。

また、カクテルを作る際には、どのワインにするか迷うことがあるかと思いますが、中でもおすすめなのが「シャブリ」という白ワイン。

今回は、白ワインのシャブリの魅力に触れながら、お店でも扱われるワインカクテルの定番「オペレーター」の作り方や特徴についてご紹介します。

白ワインのシャブリとは

白ワイン

ワインを飲んだことがある人であれば、一度はシャブリという言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?

ワインの中でもとても有名な名称です。

シャブリとは、フランスのブルゴーニュ地方の最北に位置する場所を指します。

そのシャブリ地区で白ワインのぶどう品種が栽培されております。

シャブリのぶどう品種は、シャルドネのみとなります。

この品種から、主に辛口の白ワインが作られます。

先ほどお伝えしたとおり、シャブリ地区は緯度が高い位置にあるため、とても冷涼な気候です。

そのため、シャープな酸味が特徴的です。

また、ミネラルが豊富なため魚料理との相性が非常に良く、フランス料理だけではなく、和食や刺身といった日本料理との相性も良いため大変な人気があります。

白ワインカクテル「オペレーター」の作り方や味の特徴

ジンジャエール

この白ワインシャブリに合うカクテルがあり、それはオペレーターという名前です。

オペレーターとは、白ワインにジンジャーエールを混ぜたお酒になります。

分量としては、白ワインとジンジャーエールが1対1の割合です。

ここに、レモンジュースを小さじ1杯程度入れると、さらに爽やかな味わいになります。

作り方は、氷の入ったグラスにレモンジュースを入れてジンジャエールで満たして混ぜる、というシンプルなもの。

レモンスライスなどをグラスに飾っても良いですね。

シャブリの白ワインは辛口のため、そこにジンジャーエールを入れることにより、ほのかな甘味が生まれ、辛口ワインが苦手な人にも飲みやすいお酒になります。

清涼感溢れるさっぱりとした口当たりで、ソフトドリンク感覚で飲むことができると人気があります。

お店でお酒を飲む場合に、オペレーターはよく飲み放題メニューにも含まれるお酒のため、気軽に試すことができます。

オペレーターという名前の由来は、実はよく知られておりません。