飲む前にささっと覚えたいシャブリの豆知識:シャブリが白ワインに適している理由

[最終更新日]2018/10/01

白ワイン

辛口白ワインとして有名なシャブリは、生牡蠣や生魚、和食、チーズなどのおつまみと相性が良く、お互いの味を引き立ててくれます。

世界中で愛飲されているシャブリですが、シャブリが造られているのがどの国のどの地域なのかご存知でしょうか?

シャブリがどのような環境で造られているのか知っておくと、他のワインには感じられない酸味や爽やかさ、ミネラル感がある理由が分かってきます。

そこで、今回は、シャブリが生産されている地域の気候やワインの造り方、土壌の特徴について触れながら、シャブリが白ワインに適している理由についてご紹介します。

シャブリの地域の気候について

シャルドネ

シャブリという白ワインは、フランスのワインの産地で知られるブルゴーニュ地方の中でも、一番北にあるシャブリ地区で製造されています。

このシャブリ地区は緯度が高いのが特徴で、冬は長く厳しく、夏は暑い半大陸性気候に属しており、ブルゴーニュ地方で比較的涼しい気候となっています。

この涼しい気候により育ったシャルドネ種を使ったシャブリという白ワインは、シャープで凛とした酸味が特徴的な味わいの白ワインになります。

フランス以外の地域で作られている白ワインや他のブルゴーニュ地方の白ワインと比較してみても、シャープで凛とした酸味を感じられるというのがシャブリ地区が白ワインに適している理由となります。

シャブリ地域のワインの造り方や土壌の特徴


そして、オーク樽を使って、わずかに樽の香りをつけるワインの造り手と、シャブリの特徴である混じりけのない味わいやシャープで凛とした酸味を際立たせるため、ステンレスのタンクを使用して樽の香りをつけないようにするワインの造り手がいて、それぞれに良い味わいがあります。

大昔は海だったシャブリ地区は、恐竜が生きていたジュラ期の後期に海底が隆起することにより、牡蠣などの貝の化石が、たくさん埋まっている石灰を多く含んだ土質となりました。

この地区の土壌はキンメリジャンといい、大昔の海に存在したミネラルがたくさん残されています

このような性質を持っている土壌の白ワインの産地は、シャブリ地区だけとなります。

このように特別な性質の土壌で育てられた白ブドウはミネラルを、たくさん吸収します。

ミネラルを吸収することにより、豊かなミネラル感が感じられる辛口の白ワインとなります

また、シャブリのブドウ畑はランク付けがされており、生産者によって味わいが微妙に異なってくるため、違う生産者のシャブリを取り寄せて飲み比べても楽しいですね。