最低限知っておきたいオススメ白ワインカクテル:シンフォニー

[最終更新日]2018/10/01

kakuteru-06

白ワインが苦手な方でも、白ワインを使ったカクテルなら美味しく飲めるという方は少なくありません。

中でも、お酒があまり強くない方や女性に人気なのが、見た目も美しい「シンフォニー」というカクテル。

今回は、シンフォニーカクテルの特徴や作り方、お家で作る際の注意点についてご紹介します。

シンフォニーの特徴と作り方

白ワイン

白ワインをベースに用いて作るカクテルのシンフォニーは、ロングスタイルのカクテルであり、作者は中村圭三氏です。

シンフォニーは、1988年に行われたブラッシュワインのカクテルコンペティションで、第1位を獲得したカクテルです。

シンフォニーの作り方としては、白ワインを80mlとピーチリキュール15ml、グレナデンシロップをティースプーンで1つと、シュガーシロップをティースプーンで2つ、すべてをミキシンググラスに入れたらステアしてグラスに注げば出来上がり、というシンプルにできる白ワインカクテルです。

また、特に決まった通りにしなければならないわけではなく、好みに合わせて、白ワインの量とピーチリキュールの量を変化させることも可能です。

ご家庭で作る場合には、量を調整しながら味を見て自分好みのカクテルに仕上げましょう。

シンフォニーをお家で作る際の注意点

お家で作る白ワインカクテル

アルコールの強さはそれほどなく、お酒が弱い人でもチャレンジできるほどで、色は薄い茶色になり、甘くて果実のような味わいがあるので女性でも飲みやすいカクテルです。

家庭でも気軽に作ることが可能で、技術が不要なので失敗する可能性も低いです。

注意点としては、ミキシンググラスに材料を入れる前に注ぐグラスもそばに準備しておき、氷と材料をすべて入れたらミキシンググラスの下側を抑えて、15回から20回程度回転させたら、ストレーナーが外れないように注意して、注ぐグラスも押さえて入れて行きます。

また、ステアに時間がかかると、氷が溶けすぎて水っぽくなってしまうので注意しましょう。

パーティーなどで作る場合は楽しく話をしながら行うことも割りと多く、時間がかかって水っぽくしてしまう人がいますから、スピーディーに作ることが大切です。

安価な白ワインでもおいしく作れますし、お酒が苦手な人に対しては、より甘みがあってフルティーなものを使うと良いでしょう。

一人でゆっくりくつろぐリラックスタイムに、友人とのパーティーの際に、カップルでの時間に、さまざまなシーンで簡単に作れるシンフォニーを試してみては?